リサイクルシステム

  • リサイクルシステム
  • リサイクルシステム
  • リサイクルシステム
  • リサイクルシステム

リサイクルシステムとは

産業廃棄物における、コスト削減を含めた循環型リサイクルを行うシステムです。
産業廃棄物として費用をかけて処理されるプラスチック(複合品含む)を有価にて引き取ります。
ペット、ポリエチレン、ポリプロピレン等樹脂の種類や単体、複合品の種類は問いません(応相談)。 複合品については難しいものもありますので、予めサンプルを頂いてテストを行い再利用可能か調べます。
リサイクルシステムを活用することで、費用をかけてきたものを有価として処理することができます。

リサイクルシステムのメリット

  • 生産活動に伴う、産業廃棄物の多額の費用を抑えることができる。
  • 社内から出る廃材の中でリサイクルできるものを分類できる。
  • 効率よく資源をリサイクルすることが可能。
  • プラスチックなどリサイクル可能なものを有効活用できる。

リサイクルシステムの流れ

  1. STEP1
    プラスチックを引き取る

    リサイクルシステムを導入していただいている企業様からプラスチックを引き取ります。

    プラスチックを引き取る
  2. STEP2
    細かく破砕

    引き取ったプラスチックは、工場へもっていき各地から集められたその他のものと一緒に細かく破砕します。/p>

    各地から集められたその他のものと一緒に細かく破砕する
  3. STEP3
    黒色にペレット化

    押し出し射出成型した後、細かくカットされ黒色にペレット化します。
    ※プラスチックといっても。透明なものだけれはなく様々な色の製品が混じるため黒に着色します。

    細かくカットされ黒色にペレット化
  4. STEP4
    パイプの製造

    リサイクルされたペレットを使って押し出し成型を行い、パイプの製造へ入ります。

    パイプの製造へ
  5. STEP5
    市販へ

    リサイクルされたプラスチックを使用してつくられたパイプは、排水や温泉水用のパイプとして市販され、幅広く使用されます。

    市販

このページの先頭へ